スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方】俺設定語り

 たまには痛々しく、うちの幻想郷の設定とか語るよ!
 なお、初出は2年前の幽明櫻の新刊に出てきたもの。

▼太刀 銘 楼観(名物十夜斬楼観) 拵明星紋払暁
 たち めい ろうかん(めいぶつとおやぎりろうかん) こしらえみょうじょうもんふつぎょう

▼短刀 無銘 伝白楼(迷喰並青楼)
 たんとう むめい でんはくろう(まよいばみならびにせいろう)


 ……というのが自分の中における楼観剣、白楼剣の正式名称ということになっておりまして、それについてのお話。なお適当に資料を眺めながら改変して付けたので、実際の刀剣の名称の規則や作法などはガン無視であります。

 楼観剣のほうは人間に与した妖怪の刀鍛冶が鍛えたもので、魂魄家に伝わる以前に、ある武士が実際にこれで妖怪十匹を一太刀で仕留めたという言い伝えがあり、それが通称になっているという設定。夜=妖怪をまとめて十斬ったので、のちに拵えを夜明けになぞらえたものに改められました。
 元々は馬上で用いることを前提とされていた大太刀で、作られたのは平安末期。刃渡りが四尺七寸(140センチ強)という長大なもので、徒歩で振るうのは相当な規格外であります。妖夢はこれを片手で振るおうとしているわけですが、正直言って無茶です。
 ……もともと楼観剣は長すぎて並の人間には扱えない、とあったので、初稿では実は刃渡りだけで六尺(180センチ)とかになってたんですが、実際に2mくらいの棒を用意して振り回そうとしてみたところそのあまりの長さと重さに驚愕して、妖夢の体格や公式の立ち絵、ドット絵を考慮し40センチほど縮めた経緯があります。

 一方、白楼剣は正式名称が不明で銘もありません。作刀経緯や魂魄家に至る由来も不明で、単に白楼と呼ばれていることが伝えられているため「伝白楼」とされます。
 また、大陸のほうでは「白楼」は「青楼」と並べて、高貴な身分の女性に使える従者の住まいを指すため、青楼という銘の剣と対であったのと推測されており、通称として「並青楼」、あるいは剣自体の性質から「迷いを食う」と頭に付けられることもるという設定です。

 いずれも「刀」ではなく「剣」なので、ゆゆこ様と西行妖の経緯も鑑み、作られたのはどちらも平安末期から遅くとも鎌倉時代の初期。いわゆる伝承的な太刀として、人にあらざるものを斬る事が想定されていた時代の名残を濃く残したものです。
 個人的にはこの二刀がちゃんと対になっていない、というのが、自分の中におけるオサレ高ポイントなのですが、この辺本文で解説しちゃうとあまりにも陳腐だと思い名前だけ載せる事にしましたが、明らかに誰にも伝わってない気がしたのでこの際ここで書いておく事にします。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1854-eaf9011c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。