スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最初の月面歩行者へ

「ファーストマン ニール・アームストロングの人生 (上)」
「ファーストマン ニール・アームストロングの人生 (下)」
 ジェイムズ・R・ハンセン:著 日暮雅通、水谷淳:訳


 、読了。
 アポロ計画については陰謀論を聞いた時に初めて詳細をググって、2年くらい前に秘封倶楽部が月に行く時の本を書くときに真面目に調べました。
 それまでは11号で月に着陸したくらいの事と、映画のアポロ13で13号が何だか失敗したってことくらいしか知りませんでしたが、計画自体が非常に長い期間と多くの予算、そして無数の人々の努力の末にあったもので、その過程に多くの試行錯誤と研究と長い長い訓練があったことを知り、深い感銘を受けたのを覚えてます。

 この伝記の存在を知ったのは昨年、ニール・アームストロング氏が亡くなったという話を聞いてからのことでした。累計1000ページを超えるハードカバーで、出自から晩年までを(原著の出版は2005、日本語訳版が2007年ですのでまだ存命です)丁寧に丁寧に、膨大な資料に基づいてできるだけ正確に描き出した、非情に貴重かつ重要な伝記となっております。読みごたえはありますがとても興味深い。
 一番最初に月に辿りつきながら、多くの宇宙飛行士とは対照的に、政治や活動の表舞台に出ることなく静かな人生を送った彼の人生はとても数奇なものでもあります。物事を深く考察し、理解し、入念に準備を行って問題に対処するエンジニアとしての彼の側面を知ることができました。
 一緒に宇宙へ向かったマイク・コリンズとバズ・オルドリン、アポロやジェミニ計画に参加した宇宙飛行士の同輩達、NASAの職員の方々、そして彼の妻や子供たち、軍属時代の友人、大学の仲間、それらの人々の証言やインタビュー、伝記、記事をもとに綴られた本書。
 当時の月飛行にかけたアメリカや世界の期待や思惑も知ることができる、とても良い本であります。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1828-754ee3a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。