スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァQ観てきた

 めでたくヱヴァQ観てくるマンからヱヴァQ観てきたマンにクラスチェンジを終えました。
 ネタバレ全開で語りたいので畳みます。
 前評判でいろいろ不穏なものを感じておりましたが、始まって20分ほどであー、なるほどこれは旧劇場版と新劇場版のどっちが好きかでえらい評価割れるなあというのは納得。これまでのエピソードの積み重ねをほとんど放棄していきなり14年後に時間が吹っ飛んだのは度肝を抜かれました。
 前回のあの盛り上がりを期待して劇場に足を運んだ人は、肩透かしか落胆に至ったであろうことが想像できます。一応私もどちらかと言われればそちら寄りの感想。もっとも、続きを見たかった旧劇場版のオチの先が観れたというのはそれはそれで嬉しいことです。

 結局はっきりしないんで想像でしかありませんが、そもそも新劇場版は旧シリーズのループ世界にあるのではないかというのがこれまでの私の理解。主にアダムの不在やカヲル君の台詞がその根拠でした。
 なもんで、Qも最初は旧劇場版終了後14年の時間軸に新劇場版:破の並行世界のシンジ君が放り出された展開なのかなと思ったんですよね。鈴原サクラちゃんがシンジ君にヱヴァに乗るなと叫ぶシーンは、少なくとも新劇場版のストーリーラインよりは旧TVシリーズの参号機と四人目の適格者のエピソードを踏まえたほうが正しく繋がるわけで。
 ……おそらくQのサクラちゃんも兄や家族を失ってるんでしょうし自分も小さい頃に怪我を負ってるんでしょうが、それでもシンジ君をあそこまで警戒して、はっきりとヱヴァに乗ることを憎むにはちょっと弱い動機のような気がします。

 が、その割にはユイさんの苗字が綾波だったりサードインパクト開始地点にマーク6があったりして、いまいち繋がらない。加持さんもフェードアウトしてるようだし。結局破のあとにほとんど旧劇場版と同じようなエピソードがあったということなのでしょうか。

 ただ、結局サクラちゃんの態度と、アスカのフルネームが分からなかったあたりが引っかかります。エンディングでも役名出なかったし。怪我の位置が旧劇場版のラストと同じな点はただの偶然なのかどうか。登場人物が相互理解を放棄した感じで何もしゃべらず感情を押し込めているのはいかにも旧シリーズっぽい。ううむ。


 あとなんだか全体的に、作りが粗いような印象があります。
 破までは旧シリーズに比べても主要人物以外にも第三新東京市に住んでいる人々の生活や文化があちこち覗いていて、その他大勢の人たちの行動や生活、息遣いが見えていたように思うんですが、Qではそれがほとんど見えない。名前と台詞のあるキャラクター以外は画面の外にすらいないかのようで、舞台演劇みたいなカメラワークだなあと感じることがしばしば。
 少なくともまだ世界には大きな組織があって、工業や作業に携わる人間はいるっぽいんですけど、それらが全く描写されないのでなんだか低予算で作った特撮映画みたいな印象がぬぐえませんでした。
 エンディングの入りも少し曲が雰囲気にあってなくて、え、もうこれで終わり? と思ってしまった感は否めません。


 総括して、破の時はどうしてもあれをもう1回見たくて再度劇場まで足を運びましたが、今回はそこまではしないだろうな、という感想。凄かったし面白かったけど、私が今ここで見たかったのは破の続きだったのだと実感しました。
 最終話は2013年放映って予定が公式だと早速未定になってるらしいですが、もしかして2014年公開にするつもりかなあ。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1754-de2f9e75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。