スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求聞口授

 探し回った2件目の本屋で無事購入。さっそく読了。
 ネタバレにならない程度に感想を。

 
 各勢力間、これまでに登場してたキャラクターとの関連性がいくつか追加されたり、補強がなされた印象でした。神道、仏教、道教の3トップ対談も、思っていたよりもずっと自分の中のイメージと齟齬がなくてホッとしているところです。 
 各キャラクターの紹介も様々な掘り下げがなされました。さとり様のイメージがだいぶ変わったり、ナズーリンや星さんを中心に立ち位置とか住まいとか力関係がちょっと予想外だったり、こいしちゃんが思わぬところから勧誘受けていたり、雲山と一輪さんの過去あたりは意外な事実が明らかに。
 お燐ちゃんはとても良い子。とても良い子。大事なことなんで2回言いましたが、あの記述だと6面中ボスの言動は何らかの意図があってのことと思われます。

 ……あと、さらりと風神録から4年経ってることが明言されております。
 非想天則当時でも歳月の経過が判明しており、幻想郷がサザエさん時空なのは以前からはっきりしてることなんですが、こうなってくると早苗さんの年齢とか、二次創作面で「守矢神社が幻想入りして○年」みたいな時間の経過を描こうとするとだんだん違和感が出てきそうな気配ですな。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1610-5802462f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。