スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓上遊戯俺履歴・その11

■スネイル
システム:ゲヘナAn


「悪いな、このチャクラム3人用なんだ!」

 雑芸団アッダバラーン一座のひとり、小動物(狐)の獣人。イブリスを笑わせて地上へと招かれたという、伝説の雑芸師“至芸の”アムシャドに憧れて雑芸の道を志すも、半ば強引に入団した雑芸団が紫杯連の連絡員として各地を巡る組織だったということに気付いたのは〈頽廃の果実酒〉を飲まされた後だった。
 種族闘技を除けば取得してる術技はすべて雑芸術。メイン術技の雑芸術:ジャグリング4レベルで、回避連撃可能/同時連撃可能を総ランク30にして実現。チャクラムとハープーンを使いわけての対多戦闘が得意。
 ……実のところ上記のセリフを言わせたいだけが為に術技と種族を選んだというどうでもいい裏話も。術技を雑芸術縛りにしたのでかなり苦労したが、ミラージュオーシャンログブックで【偽闘】が追加されたため、雑芸縛りを止めさえすればコンセプト的にはそれなりに高レベル帯まで活躍する可能性も出てきた。
 なお、参加した回では他PCの誰がジャイアンポジションになるかについて熱い駆け引きが行われることとなった。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1530-7ebdfaca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。