スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日

 流れ的にどこかの新聞記者のSSでも書くべきなのかと思ったりしたけど思ってるうちに1日終わっちゃったというような1日。(←悪文の好例)
 週末やる予定のエリンディルアドベンチャー3話のシナリオ調整とか、敵で出す予定のPC作成エネミーとかを作ってみたり、古本で注文した男央華を読んでああこりゃ真面目なファンは怒るわなと思ってみたり。

 で、なんとなく店のポイントカードなども溜まっておりましたので駅前魔法学園!!を買ってみました。
 いわゆるFEARフォーマットのようでそうでもない、不思議なシステム設計なのがちょっと新鮮。10年くらい前のFEARゲーってこんな感じだった気もします。エブリデイマジックなご町内ストーリーの世界観と思わせつつ、その本質は結構シビアでスタイリッシュなような。参考文献には上がってないのが不思議ですが、初期~中期くらいの魔法先生ネギま!がイメージとしては近い感じでしょうか。
 一見、マギカロギアに比べるとだいぶマイルドな雰囲気を見せていながら、場合によっては日常の象徴である舞台の町や大事な人が壊れたり失われたりすることもルールで表現されていて、やりようによってはかなりブラックな展開もできそうです。
 PCたちではどうしようもない状況に対して、経験点と引き換えに先生が助けに来てくれるというあたりは央華封神っぽくもありますでしょうか。

 12月にはリプレイも予定されているそうなので、楽しみです。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1479-2fc8ee1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。