スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明けて。

 というか昨日(今日か)帰りついた時には日付変わってましたが。
 いつもテンション上がって無茶した後にいい加減若くないんだから強行軍は自重したほうがいいなあと、翌朝後悔するのであります。今回は靴ずれもたくさんできてしまってえらく足が痛い。

 紅楼夢終了後、いつもの通りに白身氏と打ち上げ。例大祭関連でいろいろとややこしいことがあったみたいですが、久々に結構酔いました。今思えば仮面の男さんも誘ってみれば良かったのかも。

 17日は大阪から奈良へ出て信貴山は朝護孫子寺に行って参りました。星蓮船からはや2年が過ぎて、もっと早く言っておけばよかったと思うことしきりであります。
 昨年は色々都合もあって涙を飲んだというのが正確なところでありますが。
 素晴らしい景色と穏やかな気候でした。もう少し季節が遅ければ紅葉が丁度良かったのかも。

 複製でしたが、信貴山縁起もやっと見てこれました。しかし読むにつけ、三編通じて寺を出ようとしてない命蓮上人に激しいヒキコモリ疑惑が。

▼飛倉の巻
 托鉢に出掛けずに鉢だけ飛ばして済ませる。しかも蔵ごと持ってっちゃったのはどう見ても命蓮側の過失っぽいのに、長者に謝らせて米だけ返す(蔵は返さない)
▼延喜加持の巻
 醍醐天皇の病気を治してと頼まれたのに対して「えー? 山は下りずにここで祈るわ。終わったら剣鎧童子飛ばして知らせるんでヨロ」とか言っちゃう
▼尼公の巻
 これだけのすごい法力持ってるのに、年老いた姉に連絡もせず遠路はるばる毛糸のパンツを持ってこさせて出迎えひとつ出さない

 箇条書きにしてみると割と酷い。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1465-715e9963
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。