スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わりと遅めのARA2Eプレイ録

 週末プレイしてきたので久々にTRPG関連のプレイ録でも。
 少しネタバレも混じっていますが、致命的なところまでは書いていないつもり。隠していたりはしないのでご注意を。







・第1話「妖魔の砦」
・第2話「霧の魔獣」

 GM私。それぞれルールブック1、2のサンプルシナリオ。実際に動かしてみて2話ともなんとなく「鍵」と「その鍵でないと開かない扉」の位置関係がまず現実的にありそうにない配置なのがちょっと気にかかりました。我ながら老害乙。
 ……2話目のシナリオはわりと本気でミッションに成功できるのか疑問があります。あのボス戦の布陣は勝利条件が明確でも場合によっては詰んでるんじゃないかなあとか。

 ということでグランフェルデンの危機に立ち向かうギルド「エルシャダイ~一番いいのを頼む~」の面々は以下の通り。


PC1:ツワノ・クララ 【シーフ/サムライ】 ヒューリン/女 11歳
 PLしろみけ氏。旧シリーズでもギルドマスターをつとめた東方出身の無感情系ヒロイン。版上げに伴いスピリット・オブ・サムライの仕様が変わり、「血を滴らせる呪われた刀」を持つという設定はどんな刀からでも血が滴ってしまう不思議な呪いへとランクアップ。種族スキル・ハーフブラッドによりイモータリティを取得して厨度合いに磨きもかかります。作成時からの徹底したスキル買い分によって回避も命中いずれも10レベル程度のエネミーと堂ランクかそれ以上の値というハイレベルで安定した前衛安定回避壁。その分範囲攻撃とか支援スキルとは無縁ですが、とりあえず他メンバーが全滅してもギルドマスターの彼女だけは生き延びることでありましょう。


PC2:ファン 【メイジ/セージ】 エルダナーン/女 20歳?
 PL真性氏。同じくイモータリティなエルダナーン。顔の半面に火傷を持ち4d+7の命中値を誇るウィンドセイバーで敵を薙ぎ払うバラライカの姐御風味なギルドの参謀役。ルールブックに普通の酒も煙草も無いことに少し落ち込みながらもクールに戦術を組み立てる。高い命中値にくわえて範囲攻撃を持ち、攻撃1回のコストはかなりのものに。それを補うためマジカルハーブで取得したMPポーションをポーションホルダから毎ラウンドごとに飲み干し、戦闘後には野菜にかぶりつくという健康的なんだかなんだか分からない生活を送っています。エンサイクロペディアによるエネミー識別が戦闘で、トレジャーマニアが有効なドロップ品を引き当てて経済面でギルドの危機を何度も救いました。


PC3:エリザベス 【ウォーリア/アコライト】 ドゥアン/女 25歳
 PLRiza氏。キャラ作成当初のマッシブな頼れる姐御のイメージは、カバーリング/回復役の大変さが表に出てゆくうち、不幸と苦労にめげずに頑張る前向きな方向性に。攻撃をほぼ削り落とし、盾に鎧にオートガード、ディフェンダーとスキルを重ねて物理防護点は20点を楽に超えています。でも大人げないGMが繰り出す魔法攻撃とバッドステータスに容赦なく体を削られ、メイジとアコライトを守って自分へのプロテクションやヒールにも苦労し、罠と見れば進んで乙女探知を繰り出すうっかりさん属性。高い筋力で背負う荷物の中にはどっさりと回復アイテムが。出自が前科者、境遇が略奪とわりと容赦なく悲惨な人生のようにも思えますが、現在はけなげに神殿で雑用などに励んでいるようです。……それがあんなことになるなんて。


PC4:イーノ 【アコライト/バード】 フィルボル/?? ??歳
 PLゆっけ氏。性別も年齢も不詳、天啓にて見出した勇者たちを導き、その栄光を歌にすると主張するバード。おかげでギルドは女の子4人という環境を辛うじて免れております。高い行動値からラウドボイスで状態異常:スリップをばら撒き、近接攻撃しかできないエネミー達の行動を阻害し、ディスコードでダメージ支援、ジョイフルジョイフルで再行動などを与えてゆきます。その分アコライト成分はかなり薄く、時折飛ぶプロテクションとアフェクションが無いとアコライトであることも微妙に忘れられているレベル。しかしフェイトを突っ込んだラウドボイスはボス含むエネミーの大半の行動を無駄にさせ、その威力の素晴らしさを見せつけました。


 シナリオ冒頭、依頼人の押し掛ける神殿でいきなり貫録たっぷりに自己紹介と報酬の相談を始めるギルド・エルシャダイの面々。国防の拠点らしい砦を奪わたという点で騎士団の性能を疑われ、奪還に冒険者を指名した点で国家の中枢に食い込むか、国の将来性に疑問を抱き逃げるべきかの算段を始めます。
 ……お前らキャラシーのレベルをもう一度見直せ。
 とりあえず依頼を受け、颯爽とギルドサポートに蘇生と目利きを取得し、蘇生を置いて行くという漢気溢れる冒険者魂。しかも誰も反論しやがらない。シナリオに「ギルドサポートは蘇生推奨って書いてる」って言ってんだろうがよ。
 ……結果的には功を奏し、ファンのトレジャーマニアも含めて報酬抜きにして1シナリオ目から3000Gくらいのドロップ品をかき集めることに成功していましたが、GMとしては漢気溢れすぎてて気が気じゃなかったですよ。いやマジでホント。

 こんな連中相手に手加減してやる義理はないと判断し(キャラ作成時のデータ含め)、GMが大人げなくPCが4人であることの軽減を行うのをやめ、むしろ敵ボスにダークフェイトを足して強化。6が出やすいと評判のダイスを使って応戦。
 やたらとクリティカルを連発したことで1話目はフォモールの異形が効果を発揮しエリザベスを徹底して苦しめるものの、かなりあっさりと撃退。
 ならばと2話目のミッションは、敵を一切減らさず、クリア条件のラウンド数を伏せて応戦。あと一歩のところで危なかったのですが、最後の最後でボスの頑丈さが際立ち、あと一撃が間に合わずミッション達成ならず。炎上するグランフェルデンからどうにか救いだした11人の国民を連れ、パリス同盟の他の国へと逃げのびることに。
 GMとしてわりと頑張ってPCを苦しめられたので満足だったんですが、頑張った分だけ自分の成長点も減るというのを忘れてました。
 ……以後気をつけます、はい。

 2シナリオを通じて、隣で助けを求めている声が聞こえているにもかかわらず、ポーションと野菜をむさぼり食いまくるPCたちの光景がやたらに記憶に残っています。



・第3話「ギルマン・ケイブ・ハッカー」
 GMをしろみけ氏にお願いし、2話目の直後という設定で放浪の最中に挟みこんだGF15th-6掲載のシナリオ。1レベル用ということなんですが、大元の仕様が明らかにそのレベルではないように思います。
 PLがよっぽど慣れていて、キャラをしっかり作り込んでいるか、執筆者の名前に関根さんが入っていることを知っているか(それがどういうことを意味してるのかを含めて)でなければ、サンプルキャラをそのまま使って挑むのは相当危険じゃないかなあと思いますな。


PC5:メイヴ 【シーフ/サモナー】 ヴァーナ/女 16歳
 PL私。結局自分も女の子キャラ作ってるあたりになんとも言えない業を感じるような。白猫を思わせるボサボサ髪の野性味あふれる外見で、キャライメージは残念なジャングル大帝のレオ。百獣の王の子孫と言い張っているがエリンディルの獣の王は別にいるためただの与太話。ファミリアは唯一の友達にして配下の黒猫のロデム。クララの代わりに前衛に立つことを前提に、回避中心にシーフのスキルを取得し、残りのありったけのリソースをファミリアアタックを当てることだけに注ぎ込んだピーキーな作り。結果、行動値13、感知の判定値が2d+10とかわりと酷いことに。命中値3d+10で5d+11の貫通ダメージを与えるのはそれなりに強力と分かったものの、支援系スキルも無く、範囲攻撃も無いことから遠からずキャラ性能が頭打ちになる気配。


 シナリオ展開は2話目の直後から、避難中の一行をギルマン達が襲撃。避難民の護衛のためにクララが残り、代わりに避難民に同行していたメイヴがギルドに加入、ギルマス代理にはエリザベスが指名され、ギルマン達の本拠を叩きに向かうという展開。
 敵の強化はしてもらったんですが、その分を差し引いてもレベル1のPCにクリアさせる気はなさそうに思えるダンジョンでした。トラップのレベル自体は低いののに確実に影響を与える所に設定してるのが心憎すぎる。
 さすがに28に達したエリザベスの物理防護点を貫く攻撃力はギルマン達には荷が重く、ボスはイーノのラウドボイスでかなり積極的に封殺されましたが、それでも一旦はファンが戦闘不能に追い込まれ、魔法の連発でエリザベスのHPも底を尽きかける一幕も。無事ギルマン達の妨害を退け、一行は今度こそ街へと向かったのでした。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1447-28f9dcc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。