スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神霊の廟

 待望の新作、さっそくEasyでプレイ。
 とはいえ初プレイで霊夢と早苗さんでクリアできるあたり、難易度の裾野はかなり広がっているような気がいたします。風神録の時は文で全滅していたわけでして。

 エンディングではいくつか驚愕の事実も。
・邪仙とキョンシー
 央華封神やってる身としてはまさにタイムリーすぎる話題。
 でも芳香ちゃんあんまり盾というか前衛になってない気がします。せめてエンゲージは封鎖するか、乱戦エリア構築して後衛への攻撃を防がないと。やっぱり脳がいろいろとアレだと厳しいんでしょうか。
 青蛾娘々も設定的に嫁いで8年とか、どう考えても少女じゃなさそうな年齢ですがまああまり深く突っ込んだら負けか。
 あんなにはっきり悪いことをしようとしてるキャラはあまりいなかった気もするので、新鮮ですな。
 茨華仙ちゃんは仙人として邪仙の彼女をどう思うのでありましょうか。

・動く死体
 芳香ちゃんは都良香とはあんまり関係なさそうで。名前だけ仙人関係繋がりで持ってこられたのでしょうか。関節も曲がってないということは、むしろつい最近幻想郷で調達された死体っぽい感じ。
 ということは人里の死体か、ひょっとしたら生きてた娘さんを殺して作られたキョンシーなのでしょうや。
 青蛾さんの設定も鑑みるに、結構ダークで鬱な出自なのかも。そう思うと、死んだことも良く分かっていなかったり、記憶も曖昧なあたりはシリアスなお話が沢山できそうです。


・物部氏と蘇我氏
 体験版でのボス予想で太子廟説を挙げていた人は凄いなあと素直に感動。私は役小角とか言ってましたが全然外れでした。もっとも仙人関係だろうという大まかな方向性は外れてなかったのが救いかも。
 なんとなく星さん以上にお間抜けなイメージが強いんですがどうしたもんでしょう。
 そう言えば夢殿って法隆寺のアレでしたね。初見で気付かなかった。


・聖徳太子と日本書紀の関連について。
 聖徳太子信仰自体は、それこそ厩戸皇子没後100年もしない頃から存在していたそうですが、虚構説と言えば藤原不比等が日本書紀をまとめさせるにあたって、聖徳太子という聖人を作り上げたなんて話もあります。
 wikiとかにもある程度まとまっていますが、調べれば調べるほど聖徳太子の聖人っぷりって凄いもので。
 歴史の改竄となると慧音、あるいは同じ歴史書にして日本書紀が目の敵にしていた古事記との関連性で阿求、またくらもちの皇子である不比等さんから妹紅や輝夜なんかとの関係も、色々掘り下げてみると面白そう。
 下手をすると、この時の歴史改竄が入念だったせいで、彼女達の復活が1400年も防がれてしまった可能性もあって、そうなると単純に仏教との関わりもさながら、それ以上に政治的意図のあれこれも考えてみるのが楽しそう。


・Exボス
 えーと、こちらについてはしろみけ氏のプレイを見せてもらって確認しました。
 ……個人的にはベスト5に入るキャラです。スレの「狸型橙二号」って表現は酷いけどある意味的確。
 タヌキも、古くは天智天皇の時代から知られていた(当時は「狢」としてですが)妖怪ながら、いわゆる仏教の伝来によって、本来の神性を奪われ、代わりに滑稽な親しみやすいイメージを与えられてしまった獣ということになるようです。今回のテーマには必然の登場だったのかも。しかし、その経緯を考えるとどうして命蓮寺に落ち着くことになるのかは少し疑問もあるところ。
 日本三大狸のうち、阿波狸合戦とか日清・日露戦争とかに出陣した屋島の禿狸や芝右衛門狸と比べると、あまり血生臭いことに関わらず、金貸しとして人と関わり、氏神としての地位を保ち続けてきた二ツ岩団三郎のキャラは、現代の外の世界にしたたかに生き延びた妖怪としての世故長けた印象があります。地方選挙にも関わってるとか面白すぎる。
 幻想郷についに資本主義という名の怪物がやってくるのでありましょうか。
 狐との対立もしっかり伝えられており、これまた話になりそうです。
 なお、狐と言えば藍さまですが、九尾とは言えさすがにアジアを荒らし尽くした白面金毛とは別人だというのが私の解釈。
 それでもたぶん、マミゾウさんの方が単純な強さでは及ばないかも。……というかマミゾウさんは下手をしたら3~4ボスくらいの格なんじゃないかと思わなくもありません。
 その一方で鬼や天狗、河童ともひょうひょうと付き合っていそうな雰囲気があって、すごくいろいろ想像をかきたてられます。


・博麗大結界とは何だったのか
 ぬえが外と連絡を取ったってのも驚きですが(地下に千年近くいたんじゃないのかとか)、それに応えてホイホイやってきちゃうマミゾウさんにはもっと驚きました。
 内側から招く方法があれば簡単にやってこれてしまうのか、姿を偽ったりする妖怪には、あんがい個人認証機構みたいなものはあっさり誤魔化されてしまうのか、妖怪ポストみたいな連絡方法があるのか、紫がなにかしたのか、守矢神社がやってくるのに結構苦労したっぽいイメージは訂正しておいた方がいいのか、衝撃的でした。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1411-86815861
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。