スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万魔総覧・15

 ゲヘナAnに登場する魔物データを眺めながら、シナリオのネタになる設定はないかとかこのデータはこんなふうに利用すると面白いんじゃないかとか、あれこれ読み返してぐだぐだと書きつづる企画。
 ……まったくの私見に基づく話なので信憑性は薄いですが、間違い、ツッコミ、誤字脱字等ありましたらご報告いただけると大変ありがたいです。

 さて、狂気の亜獣は尽きても妄想の亜獣のターンは終わらない。
 今日からは伝聞の亜獣だ!




◆伝聞の亜獣
 フィサールが見聞きした伝承や伝説に基づく亜獣とされている一群。中には『どうしてこうなった』的な魔物まで含まれている。一方でどうしてこの魔物がここに含まれてるのか分からない分類も。
 他のゲーム出身のモンスターを改造したりするときはこのカテゴリに入れるといいだろうか。


▼サンド・ウォーム
 生態も生息域もどう考えてもジャハンナム土着の魔物じゃないかと思うのだが、伝聞の亜獣らしい。「伝聞の亜獣」は「妄想の亜獣」のサブカテゴリであるため、繁殖や食性などは無いことになっているはずなのだが、どういう訳か成長する生き物であることが書かれていたり消化液を吐いたり獲物を捕まえる方法まで記述がある。
 ……フィサールの妄想によって生まれたものの、現在はジャハンナムに適応した生物であるのか、「幼体」と「成体」が存在することまで含めて妄想の亜獣としての性質なのか、単に分類が間違っているのか、深く考えだすといろいろと気になるところ。
 あと、これは推測だが、妄想の亜獣の説明ってほぼ狂気の亜獣にのみ適用されているんじゃないかと。

(幼体)
 強さ評価に比して恐ろしく高い生命力が何よりも目を引く。ウォームと言いつつ装甲値も6あり、強さ評価4の魔物の平均を大きく超えた耐久性能を誇る。反面攻撃力はそれなりで、命中値はおしなべて低い。最初の牽制はともかく、2撃目以降の通常、渾身は享受者であればさして怖くない値。
 移動速度・イニシアティブがはイメージの割に結構早いのも特徴。
 気力も10点と低く(使い道もないが)精神抵抗、肉体抵抗も並。回避値もほぼ最低に近い2とあって、攻撃を当てること自体には苦労しない。とにかく倒すのに手間がかかる印象だろうか。
 しかし「姿勢制御」「砂中移動」を備え、砂地で獲物を襲うことから、不意を打たれると足元の不利な状況で攻撃を受ける羽目になる。キャラバンが丸ごと襲われたり、流砂や洞窟の中で現れるとなかなか厄介。
 また、成体のデータを組み合わせ、幼体を手早く片付けないと成体が襲ってくる、というようなタイムリミット付きの戦闘をさせると面白そうだ。

(成体)
 一気に巨大化し、生命力も気力も装甲値も、概ね倍近くまで成長している。
 イニシアティブは下がったものの移動力は大幅に向上。イラストの巨体を考えるに恐ろしい早さだ。
 とは言え全体的な印象は変わらず。回避が低く攻撃が当たり易いのもそのまま。攻撃面でもそれは変わらず、相変わらず連撃後半の命中値はやや寂しい一方でダメージは強さ評価7としては相当のもの。汎用能力に「怪力」も加わり、主判定数を用いた組み付きの判定数は9になる。砂地に引きずり込まれた状態での脱出は相当厳しいものになるだろう。
 珍しく「カウンター不能」を持っている魔物だが、基本的にAn環境で魔物がカウンターをすることは無いと思われるので、あまり使われないようにも思う。
 「酸を吐く」は回避を《避け》に限定させる能力のため、《防御》主体のPCにはかなりの有効打となる。……のだが、気力が少ないため連発する余裕がないのが困りもの。
 サンド・ウォームが持ち主ごと飲み込んでしまった宝石や魔具を回収するため、その巣に赴く話(魔具や宝石の効果でサンド・ウォーム自体も強くなっている、またどのサンド・ウォームが目当ての品を飲み込んでいるのか分からない)とかのシナリオはシンプルながら楽しそうだ。


▼デッド・ボディ
 いわゆる一般的なアンデッド・モンスター。厳密に言うと放置されたり、同じデッド・ボディに殺されたりした死体から発生する「妄想の亜獣」であり、死体が起きあがって動くのではないらしいことに注意。元になった死体は別に存在するのかどうかは、文面を見る限りはっきりしない。
 いずれも「本能」持ちであるが、特別な死者から特別な亜獣が生まれることも考えられ、その場合は闘技などを使ってくることもあるかもしれない。また死者を元にした妄想の亜獣と言うことから、ゴーストと絡ませたり反魂のできない強さ帯での死者にまつわる情報源にしてみたりといった使い方が考えられる。彼らを倒すことで、元になった死体が現れるなどの展開もあるだろう。

(ゾンビ)
 腐った死体の方。概ねグールと似たり寄ったりな能力。「鉄の楔」がなかったり牽制のダメージが少ない一方で、通常・渾身の命中値が高めなどの細かい際はあるが、見分けるほどの差はあまりない。精神抵抗が3で「炎に弱い」ため、炎術師の連撃は相当な効果を及ぼす。
 アンデッドらしく「既死」「不死」があるため、迂闊な対応で放置しておくと再生してしまう。

(スケルトン)
 動く骸骨の方。ゾンビと同じ感覚、あるいは単に「動く骨」くらいの雑魚的な認識で相手にすると痛い目を見る相手。ゾンビの基本的な能力を押さえた上で精神抵抗・肉体抵抗・装甲値・回避値全てがバランスよく高く、連撃の命中値も高い上ダメージも十分。さらに「炎に弱い」も持たないため明確な有効打がない。イニシアティブも13と享受者の向こうを張れる値。
 個人的な趣味だが、上級ルールを導入しているのなら「剣・槍・弓ダメージ5点減少」くらいあってもいいように思う。

コメント

スケルトンはうっかり低ランクPCの敵にしてあわや大惨事になるところでした・・・。サンドウォームや一部の亜獣は旧版だと分類が違うんですよね
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1377-569a2653
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。