スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都秘封阿求ツアー

 無事帰って参りました。

 イベント当日が人気投票の結果発表ということもありまして、結果に一喜一憂したせいですっかり夜更かしした翌日、ゆったりとホテルを出発。
 ……ゆっくりし過ぎてサークル参加締め切りの10分前に会場着というかなり微妙なことをやらかしましたが。

 スペース準備に追われる中、久樹さんがご挨拶に来てくださいました。
 今回本当にあれこれとご活躍だったようで、お疲れ様です。

 主催さんの熱意あふれるメッセージと共に始まったイベントは、かつての紅楼夢を思い出すような盛況ぶり。あの頃は一般参加だった自分がサークル席に座っているというのはなんとも不思議な感慨があります。

 前回の境界から視えた外界では、開始1時間で新刊が全部無くなるという事態になりまして、スペースに足を運んで頂いた方たちにもご迷惑をおかけしました。
 そのことも踏まえて今回、既刊の幻想科学ティータイム、新刊のケイヴァリットの多世界解釈、どちらも普段の倍近い数を用意したんですが――これまた開始40分であっさりと完売。
 弱小極まりない文字サークルとしてはまったくの予想外でもあり、やはりちょっと秘封倶楽部と阿求ファンのかたがたの熱意を甘く見ていたようです。
 二度続きの失態に反省することしきりであります。

 ということで、今回の新刊については、例大祭でも用意する予定です。
 ……「幻想科学ティータイム」「幻想科学スィートタイム」(成年指定)についても再版を考えていますので、もしご希望の方がいらっしゃいましたらコメントか拍手の方にでもメッセージをいただければと思います。



 イベント終了後は遅い昼食に懐かしのの天下一品のラーメンなど啜りつつ、平安神宮や八坂神社といったこれまで京都で行ったことのない神社の観光をば。
 そして夕方から久樹さん主催の合同誌打ち上げ会に参加。
 会場は100人を超える参加者でカオスの一言でしたが、いろいろと興味深いお話を聞けて何よりです。今後も積極的に交流していきたいなあ、と思う一方で、もう少し少なめの人数でじっくりあれこれと語ってみたいとも思うところ。
 どなたか、よろしければお誘い頂けますと嬉しいです。

 みなさま、お疲れ様でした。
 楽しいイベントをありがとうございました。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://oruhazaka.blog28.fc2.com/tb.php/1271-1004f2ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。