スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキマ妖怪・八雲紫について

 八雲紫についての幻想郷における立場について思いついたことのまとめ。
 ツイッターでつぶやいた事を整理して記録する。

 八雲紫は幻想郷を作る中心人物であり、その立ち位置を論ずるのは難しい所だけど、いわゆる天魔とか大天狗、河童の長、龍神なんかが東方に出てこないのは結局のところ幻想郷の秩序を保っている存在はそんなに軽々しいものじゃないというイメージがある。閻魔様だってこれまでに1回だけ顔見せただけだ。
 彼女強力な妖怪であろうけど、独力でなにもかも支配してる感じじゃなく、あくまで大きな勢力と勢力、力と力の「スキマ」にあまねく存在する存在で、どの勢力も無視できないし捕まえられないし従えられない、ジョーカーみたいな強さなんじゃないかなと思わなくもない。
 ……境界を自在に操るということは、複数の物事がある時にその力が顕れる。複数勢力があればその間を自在に操って好き放題できるってことだけど、逆に言えば単独勢力(一つしかないので境界が存在しえない)と立ち向かうには無力なのではないかという説を思いついた。
 つまり、八雲紫がその力を最大限に発揮するのは、2つ以上の勢力が接している「境界」が存在しうる時であり、彼女のスペックが最も発揮されるのはこれら複数勢力のいずれにも属さない、勢力の狭間(スキマ)に立ったときである。
 とするなら、忘れられた幻想=妖怪の楽園である幻想郷に人間を呼び込み、人間と妖怪の対立構図を作ったのはこの「人妖の境界」を作るためだったのではないか? 以前から複数の勢力を幻想郷に招いているのは、定期的に新たな境界を作って幻想郷が安定しないようにしているというのがなんとなく頭にあったけど、この行為は幻想郷の新陳代謝の他に、新しい物事の境界を作るためなのではないか。心綺楼の宗教対立もその流れなのだろう。
 ……一方で、現在の人妖の対立が徐々に形骸的なものになっている幻想郷では、紫はかつてほどの力を持たないのかもしれない。だから明確な対立として月面との戦争が必要だったとも考えることができる。

 さて、人妖の対立がなくなってきてる原因(おそらく)の一つに幻想郷縁起がある。彼女は実際に現在の幻想郷の人と妖怪の在り方が変わってきていることを感じている。そう考えると阿求の存在は紫には邪魔なのだろうか? 実際には紫は彼女を後援している節がある。書いてるものを検閲もしてるけど、御阿礼の子というシステムを危険視したり管理したりといった描写を読みとることはできない……ように思う。
 全体の流れとして、いまの幻想郷は多くの勢力の乱立によって、同時に相互理解がゆっくり進んでいるように思える。こうして最終的に各妖怪・人間の無数の勢力間で均衡が成立し、動的な安定が完成すると、同時に紫も徐々に力を失って、管理者ではなくただの一妖怪になるのかもしれない。
 しかし、そう考えてみると、仮に幻想郷が他の世界から攻められて、それに対して幻想郷の皆が一致団結して立ち向かう流れになると、この時もっとも大きな「外と中の境界」が生じ、紫の力は一番大きくなるのではないかと推測できる。つまり、外の世界と幻想郷を結界で隔てて境界を作ったことで、紫は同時に抑止力的な力を得たのだ。幻想郷が平穏なら彼女の力は不要であり穏やかに眠り、そうでなければ対立をコントロールするほどの大きな力を得ることができるのである。
スポンサーサイト

歴史東方動画

 その時歴史が壊れた/東方○○論争シリーズで有名な淡島ヒルコさんの動画に入り浸っておりました。
 ぬえと頼政、阿礼と壬申の乱とかもう大好物です。





 全部通して見てたら5時間くらいすっ飛びましたがいやあ充実した一日でした。

【東方断片】若狭尼御前物怪録

 ▼

「……あなたの御父上が後ろ盾とされた、美福門院藤原得子……あれはな、狐じゃよ」
「狐?」
 まさか。鳥羽院の寵愛篤き彼女が、妖狐だと言うのか。
「大陸にてかの殷王朝を滅ぼした千年狐狸精……妲己。人の世の権勢を享楽を吸い尽くすことを好み、名君を零落させることを何よりの悦びとする、邪淫姦婦よ。儂らは玉藻御前などと呼んでおるがの」
「……では、あの騒乱は皆、かの狐の手によるものと?」
「遠因となったのはあの女であろうさ。儂ら狸も化生のものとして多く、人の世に残らんと奔走したが――治天の君たる院殿まで入り込む事は叶わなんだ。陰陽寮は当代の陰陽頭、“指神子”安倍泰親……かの晴明(はるあきら)以来の予見の君であった。その見識を欺くの至難じゃったからな」
「狸も狐も同じ化生ではありませんか。狐にできて貴方がたにできなかった道理はないでしょう」
「安倍の母御の血筋は葛葉御前……葛葉森の狐故な、かの者達の系譜は狐にだけは鼻が効かぬのよ。時の藤原長者の娘御とて、狐だと知っておれば、すぐに叩きだしておったろうがの」




 若狭尼御前こと二条院讃岐。三位入道源頼政の息女であり、若くして二条院の内裏女房として出仕、二条帝崩御の後は九条兼実家女房として九条家を切り盛りし、後鳥羽帝の中宮となった宜秋門院九条任子を送りだした。
 晩年には若狭国の地頭であった宮内大輔重頼の妻となり、重頼の死後は若狭国宮川保の地頭職を継いだとされる。
 時は承久の乱前後、若狭尼御前と呼ばれるようになった彼女のもとを訪れた藤流団三郎ことマミゾウが、かつての京に跋扈していた妖怪達の話を聞かせるお話。……の断片。

 色々な事情でお蔵入り。

【雑考】式の藍と式の式の橙

 以前にツイッターで書き散らかしたことのまとめ直し。





 藍がどうして橙を式に選んでいるのかについてちょっと考えてみる。

 まず、大前提として幻想郷に限らず強力な妖怪ほど自由に動けなくなるという設定がある。紫の冬眠や永琳が本気を出さなかったりするあたりがそのあらわれで、長く生き力を蓄えた妖怪ほど、その方向性や個性が強く固定され、それゆえに自由きままに動けなくなる……受け身となり、積極的な行動に出なくなる。
 逆説的にレミリアは強大な力を持ちながら非常に子供っぽく興味のままに動くので、他の妖怪たちからは厄介だと思われていると、そんな理解。

 さて、紫は冬眠等で動けない場合に自分の補佐・代理をさせるために藍を式にしている。では藍はどうして橙を式にしているのか。
 藍は橙を式として呼ぶことはあれど、積極的に橙に自分の補佐をさせたり、仕事を任せたりしている様子はあまり見受けられないように思う。橙をマヨヒガに置いていることがそれなりの役目の一環なのかとも考えられるが、それも積極的に何かを調べたりという側面は薄い。
 式はプログラムであり、その機能を全開にすれば式は主と同等の性能を持つという設定から、別に式を打たれる側は、その式の機能に耐えられるスペックさえ満たしていれば(最適な式のセッティングなどの手間はあるとしても)、決して特定の個人限定である必要はないのではないか。
 要するに、橙でなくてもミスティアやリグルあたりでも特に問題なく藍の式になれるのではないかということだ。もっとも、さすがに実力が違いすぎる妖怪や、冬場以外動けないとか、春に暴走するとか行動に制限のあるような妖怪だとなかなか難しいかもしれないが。

 つまり、藍が橙を式に選んだ事には、特に橙でなければならなかったというような特別の理由ははなく、偶然が絡んだものが大きいのかもしれない。たまたま目に付いたか、保護した猫又に式を打った、その程度。
 ここで、藍の立場で自分の式をさせる上での有用性という観点からすると、もっと良い選択肢があったのではないかとも考えられる。例えば自分と同じような化けギツネを適当に見繕って式にした方が、言うことも聞くだろうし色々面倒な不自由もないだろう。同族なのだから。
 主従関係としてみた時も、異種よりも同族である相手のほうが柔順だし、より強い力を持った者を素直に従える事はできるのではないか。九尾のキツネにあやかりたいと思う若いキツネなんていくらでもいそうな気がする。

 ……だが、実際はそうではない。
 そこで思い付くのが藍が自分の式に化けキツネを選ばなかった理由があるのではないかということだ。
 橙を式にした当時の藍がどこまで先のことまで計算して考慮していたかはわからないとしても、彼女は自分の同族を従僕として使うことに問題が生じる可能性があると気付いたのではないか。
 同じ種族ということは、同じ性質、傾向を持つ。たとえばキツネとタヌキは幻想郷でも敵対しているわけで、マミゾウがやってきたことで化け狐と化け狸の間に軋轢が起きたようなことが示唆されている。
 仮に藍の式や従える従僕が全員キツネだったとする。その上で、彼らの主である藍が、紫の意向とかで狸達と友好的な関係を築かなければならないことになったとしたら、これはなかなか面倒なことになるのではないか。

 そうなると、藍は自分の従僕に自分とは違う性質を持った妖怪を選ぶ方がより得策である。藍の不得手な相手には藍の代理として橙が対応することで、ある程度の名目を果たす事ができるようになる。
 流石にここまでピンポイントに考慮して橙を式に選んだわけではないだろうけど、特に有用な役目を果たしているわけではない橙を、きちんと式として保護・ケアしている理由のひとつが、紫の模索する多種多様な妖怪と人間が一所に集まって形成される幻想郷という共同体の成立にあるような気がしてならない。
 紫の下に居る藍が、同じ種族の化け狐ばかりを配下として使っていたら、紫の政治的立場も化け狐寄りのスタンスとして取られかねないわけで。そうなるとやはり自分とは違う種類の妖怪を式にして、紫の意図が特定の種族の優越ではないことを対外的にも示さないとならないのではないか。

 ……あと、これは妄想が入ってる上にかなりこじつけに近いが、今後の幻想郷の在り方を考えた時に、外の世界の人間社会において。これからの未来百年で少なくとも狐よりもずっと人間に寄り添って生き、ミステリアスなイメージを保っていくであろう猫の妖怪を八雲の式として置いておくことには、それなりの意味がありそうな気がする。
 おそらく何人かの八雲好きは、はるか未来の幻想郷に紫がいなくなった後の後継者としての藍、その腹心としてより成長した橙、そしておそらくいるであろう橙の式を想像したことがあるんじゃないだろうか。
 ここらへんが他の勢力ともちがうところで、トップと複数の従僕による家長関係(地霊殿、命蓮寺、紅魔館)や、擬似的な両輪とその娘という守矢神社や永遠亭(これはやや異論がありそうだが)なんかには見られない親-娘-孫の3世代主従関係と、式や式の式が次代を継承してゆくこと連想させる八雲の面白さなんじゃないかなあ、と思う。



ここ最近のSS同人誌

「青の時を待つ君へ」room-butterfly
 地底に迷い込んだ少年と、彼をたまたま保護した空。空は皆にも秘密で少年を飼い始める。そんな中、様子の変わり始めた地獄鴉に、勇儀姐さんやお燐やさとり様があれこれ気を揉むようになり――というお話。良く考えてみれば空の名前はまさに地上を渇望することで生まれたようなもので、こういう話は地霊殿の後に少なからず実在したのではないかと考えさせられました。
 事件はテンポよく進み、テーマに対する展開がすっきりとまとまっていて、分量的にも過剰になりすぎずとてもいいバランスだったように思います。お話の象徴的である「青」と「赤」の鮮烈な描写が印象的で、章タイトルとか装丁のセンスが相まって魅せられますな。
 全体を通してみるに、お空の話というよりもお燐の話だったのかもしれません。


「青娥娘々極限死を語る」荒御魂
 娘々が仙人となった経緯から、海を渡り大和の騒乱に加担したり傍観したりしつつ、幻想郷へとやってくる過程で、ずっと求めてきた「極限死」について論じるお話。幻想郷的なお約束と同時に表現される仙道や魔法のシステム解釈が非常に興味深い設定で、たとえば芳香ちゃんが関節が曲がらないので導引は出来ないけど兎歩を踏んだり銅鑼を鳴らして簡単な術を使えるとか、仙人の体内にある炉の話とかが私のような人間にはクリティカルでした。そしてこれまた装丁が素晴らしいんですわ。
 青娥のメンタリティの表現や仙人としての在り方やが非常に上手いなあと思う一冊。ただ、作中で繰り返し語られる「極限死」が結局どういった概念だったのか、最終的には観念的な返答が繰り返されるようになってしまったこと、前半二章の非常に細やかな時代・背景描写が後半になるにつれてがくっと減ってしまったのが少し残念かも。
 あと、霊廟組の3人の関係は本当に語る人ごとに解釈が違って面白いです。


「L4.UFONIA」La Mort Rouge
 秘封倶楽部最後の活動となった鳥船遺跡から10年後、宇宙公社の社員となった蓮子の元に、10年ぶりに送られてきたメリーからの秘匿通信。かくして秘封倶楽部、38万キロの彼方への旅が始まる。
 SFということで馴染まない人もいるのやも知れませんが、気にせず読んでいただきたい作品。東方や秘封のフィルタを介しているためか、いわゆるSF概念的なものでつっかかることもなく割とすんなり読めるような気が、という個人的感想。作中の上位概念(と呼ぶのが適当なのか分かりませんが)はこれまでの作品よりもより分かりやすくなっていたかなあと思いますです。
 鳥船&伊弉諾サイクルで感じた不安感やいくつもの疑問を丁寧に調理しつつ、秘封倶楽部二人の眼についても踏み込んで描かれているのが素晴らしい。特にメリーに比して蓮子の眼ってないがしろにされがちな気がするもので、あの解釈は良いですね。
 そして、鳥船遺跡にまつわるギミックは似たようなのをちょっと前に思い付いていただけに、こうやって先に素晴らしい作品となって世に出ていることが色々と妬ましい。ぱるぱる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。